Recent Changes - Search:



パネル_36-60 (2015)

panel36_1.jpg

panel36_3.jpg

panel36_2.jpg

photo by KIOKU Keizo

作品が概念だけでなくポータブルな「物体」になる場合、展示空間との密着点をどうするか。私はいつも設置現場で動揺してきた。 既にある建造物に居抜き的に「作品」を置くこととは、作品を展示空間の床や壁の素材に対応(迎合)させることで、作品のどこかに接触部分として、作品本体とは別の脈絡から発生した加工を受け入れることである。 加工された箇所は作品の外部になり「考えてはいけない部分・見えても見ないで欲しい部分・あっても無かったことにして欲しい部分」になる。

私は今回、その空間との密着部分を後付けでなく、あらかじめ前提として主軸に組込んだ作品をつくる。ここ数年はベニヤ板でパネルを作り、本来は鑑賞する部分ではない裏側の骨組みの、他にあり得るであろう無数のパターンを増やし続けてきた。表向きは同じ四角の面だが合板自体の個々の文様があり厳密には同じ表面ではない。そして裏側には虫食い葉のように個々の時間・境遇があり、それを私が無駄に創り得る領域があることを示したかった。今回はこのパネルに何カ所もアンカーを打ち込み、作品最前面に別の面を被せることができる固定機能を付け、上部のレイヤーが背景に後退する可能性をデフォルトで備える。またアンカーで貫かれることによって表側と裏側と展示空間が臍の緒のように繋がり、側面以外の新しい中間エリアができる。その繋がる仕組みを機能させたりさせなかったりしつつ、アンカーそのものが文様化する顛末もみたい。これらのパネルは入れ子構造として展示空間に埋め込まれたアンカーで固定される。

巧くいえないのだが、「こっちにあるよ…いや、実はこっちじゃないや、あっちにあるよ…そうじゃなくてこっちだよ…」といった具合に矢印の示す方向を何段階も切り替えて屈折する密度を上げたい。答えに辿りついたと思ったら、その瞬間にその「問い」自体の解釈が無効になったり変わったり薄ぼんやりするような仕掛けをつくってみたい。私が認識している世界に近い状態を自分で構成したい。そうして主従関係を反転し克復感を得られるかどうか知りたい。

 

Copyright © 2016 TOYOSHIMA Yasuko. All rights reserved.
無断転載を禁止します。

Edit - History - Print - Recent Changes - Search
Page last modified on February 03, 2017, at 11:23 PM