Recent Changes - Search:




特定のシステムを「私」のシステムとして内部化するための関連付けをする。

日常無意識のうちに多くの人々が共有しているかのような認識_つまり思考済みとして意義が固定され、内部化されているかのような領域の構造そのものを表現の素材としている。

その対象の仕組みに則しつつ、しかしその対象の多くの使用者とは異なる動機でアプローチをする。このことによって因果関係を開き、私と私の解釈法の共通項が顕われ、メタシステムを抽出することを意図する。

対象とする日常の事象ー素材は、変数として、常に換えられなければならないという負荷を自身に与える。

「参加」した結果としての表現物や形跡は、自分の日常生活の中に発表後も既成事実として残り続け、そのアプローチの責任を自身に負わせる。「表現」したことにより、自身の日常を拘束する、作品と「私」個人的との同期によって、現実としての「表現」を構成していく。 (2011)

「実体的要素」を変数として用い、ひとの思考の仕組みの解釈法/補正法/調律法を探し、 それらの「捏造」法に向かい合えるように試みる。


「制作」をしようと思い立つ瞬間は、例えば相撲の「立ち会い」が成立する瞬間に似ている。
「私」と「素材となる物や事の現象とその仕組み」の呼吸が暗黙の内に一致する瞬間がある。
そこには「開始」の合図を出す第三者はいない。

作品「制作」を漠然とした他者に対する無自覚な反射運動として、
相手がいなくても成り立つ「復讐」として捉えている。
不特定多数に因って作られた『私』を、自力で倍にして作り返して神に返品する…
といった勢いの、生きる意思=癖/現象だと感じている。
そして「制作」は「稽古」に近い。
なぜここで「稽古」という言葉か。たとえば相撲の「ぶつかり稽古」を例に関連づけている。
つまり私は、押しと受け身、転び方を、繰り返し経験することによって、自分の要素のなかに埋め込まれている(と無意識のうちに何故か前提としている)あらゆる事象との「韻」を覚醒させるために、「素材となる物や事の現象とその仕組み」、あるいは「私の考え」に対して、ぶつかりながら、「ひとり」では出来ないそれらの動きに伴う意識の「型」、つまり広義の「システム」を掴みそれを鍵として、いま経験しているこの世界の無数に在るであろう別の相を知ろうとしている。


相互に交換可能な事象『α』を選び、
この『α』の要素のなかに、
「私」自身の思考法の仕組みと繋がる構造を発見(=捏造=補正)し、
私の日常/世界に同期するように設定(=捏造=補正)する。

素材「α」:
幾何形体(石膏)、回答用紙、ソロバン、サイコロ、囲碁、オセロゲーム、ジグソ−パズル、スピログラフ、浮き、弾痕ステッカー、レジスターマーク(トンボ、トリムマーク)、鉛筆、定規、安全ピン、株式投資、銀行口座、問題集、賞状、成績表、作文、筆跡、書道、犯罪容疑者の似顔絵、陶磁器のかけら、卵のかけら、 煎餅のかけら、製図用テンプレート、折り紙、コンパス、生命保険、色カード、油絵の具、油性塗料、RGB調光偏光蛍光灯、色調補正フィルター、殺菌灯、公正証書遺言、塗り絵、臓器提供意思表示カード、石、くす玉、星取表、価格表、オッズ表示板。


ひとの思考法の仕組みに構造的に対応する事例を『素材』として扱い、
現実的なものから偶像的なものへ、特定のものから普遍的なものへ、
個人的なものから集合的なものへのつながの符号を示す。

または、偶像的なものから現実的なものへ、普遍的なものを特定のものへ、
集合的なものから私的なものへの繋がりを経験するための「手続き」をする。
この「手続き」を「制作」とする。



Copyright © 2011 TOYOSHIMA Yasuko. All rights reserved.
無断転載を禁止します。



Edit - History - Print - Recent Changes - Search
Page last modified on October 13, 2016, at 10:04 PM